11 March

10:48 Yoko Kataoka 0 Comments


東北大震災から2年。改めて多くの犠牲となった命への追悼の意を表すと共に、今尚避難生活を続けている方々、被災地で暮らす方々へ、一日も早く安らかな生活が再び築かれますように、そして福島の原発事故の深刻な状況が一刻も早く収拾されますように、心からお祈り申し上げます。

この春夫と古い家具でニワトリ小屋を作り、近所の農家から我家に4羽のニワトリ達がやってきました。まだ若くその卵は本当に小さくてスーパーのLサイズの半分程、それでも美味しくて宝石のよう。もうすぐイースター、復活・再生の季節。静かだった森が野鳥たちの歌声で賑やかくなってきました。野生のアスパラガスもニョキニョキと顔を出しています。

皆様にとって、新たなエネルギーがあふれだす、喜び多き春となりますように。
私も謹んで背筋を伸ばし、気持ち新たに制作に励みます。
これからもどうぞよろしくお願い致します。

Two years after Tohoku earthquake, I pray again for numerous victims and wish recovering peaceful life again as soon as possible to the people who still cannot live in their own place, and people who lives in affected area.

This spring we made hen house using an old funiture, a cock and 3 hens came to our home. They are youngs and make small eggs (almost half of L-size in supermerket ) they look like precious stones and are so tasty. Easter is coming soon, season of rebirth. Wising joyful spring arrives to everyone with new energy.


0 comments: